iPhoneXの魅力を徹底解説!発売から10周年でデザインが一新されたiPhoneXの発売日やスペックについて知っておこう

iPhoneXは10周年記念モデル

iPhoneXの魅力を再認識していると言う人が続出

iPhoneXが登場して約2年が経ち、その機能や操作性も広く浸透し始めています。次期モデルの発売も予測されていますが、iPhoneXの魅力を再認識していると言う人も非常に増えており、今後もこのデザインを起点にした様々なモデルが生まれると多くの人が期待しているのです。
iPhoneXの発売日は日本では2017年11月3日であり、現在ではそのベースモデルは既に発売を終了しています。XSやmax、XRなどが後継機として存在しており、さらに新機種も今後発売される予定となっていますが、その基本的な機能はXで搭載されたものを継承する形となっており、非常に高度なものへと進化しているのです。

iPhoneXは10周年記念モデルとして発売

iPhoneXは10周年記念モデルとして発売されたものであり、これまでのiPhoneの歴史を振り返りながらそのメリットデメリットを整理するとともに、集大成として様々な機能を新たに盛り込んだと言う点が世の中に大きな衝撃をもたらしました。中でも登場以来シンボルとして考えられていたホームボタンを廃止し、ディスプレイをボディーの全面に配置した事は発売当時はこれまでのユーザにとって重大な障壁となり、賛否が巻き起こったものとなっています。画面が大きくなる反面操作性が損なわれるのではないかといった懸念や、タッチパネルが主流の操作において唯一機械的な操作を可能とし信頼ができる機能とされていたホームボタンを廃止することは、様々なトラブルを生み出す要因になるのではないかといった懸念も少なくありませんでした。そのため当初Xはあまり予約が芳しくなく、同時に発売されたiPhone8の方が高い人気を誇っていた時期もあったのです。
しかし様々な機能が導入されたことや、その使いやすさが広く浸透した頃からホームボタンの廃止はそれほど気にならなくなり、むしろタッチパネルで様々な機能を実現できることが本来の機能との連携性が高いと評価する人も増えてきたことから現在ではホームボタンを配置して製造を続けられている8よりも人気の高いものとなっています。

デザイン面の特徴は液晶ディスプレイの面積が非常に広い

デザイン面の特徴は液晶ディスプレイの面積が非常に広くとられており、動画の再生やブラウザの閲覧等が非常にしやすくなったと言う点にあります。10年間の間で徐々に画面は大きくなり見やすいものと進化してきたのですが、ホームボタンの存在により下の部分はディスプレイとはできない条件がありました。既にアンドロイドの多くは全面ディスプレーとなっているものも多かったため、見た目のインパクトで若干劣ると言う側面もあったのです。Xではあえてホームボタンを配置し全面ディスプレイとしたことで大きさに比べて画面が見やすくなり、さらに操作性を高めたと言う評価が現在ではなされています。
またXで導入されたFaceIDは非常に高い人気を博し、現代では非常に重要なセキュリティ機能として多くの場面で利用されるものとなっていました。これまではホームボタンに触れることで本人を認証する指紋認証が主流となっていましたが、指紋認証では第三者がなりすましを行う可能性があること、さらにそのためにホームボタンが存在し画面の大きさを制限してしまうと言う事からあえてこれをなくし、時代の最先端とも言える顔認証を導入することとなったのです。顔認証の制度には様々な疑問があり、本人を正確に認識することができないのではないかといった声も非常に多かったのですが、実際に搭載をして多くの人が使い始めると非常に精度が高く、また本人以外の認証が極めて困難になったことから様々な用途に利用されるようになったのです。またこのFaceIDは波及的に様々なアミューズメント機能も追加することになり、本人の表情を利用したアバターの作成や、その他Instagramなどでインパクトのある写真を撮影することができる機能を持ったことから非常に人気の高い機種となりました。

最も際立った新機能、ワイヤレス充電!

加えてXの中で最も際立った新機能として、ワイヤレス充電機能があります。これは専用の充電器の上に本体を乗せるだけで充電を行うことができると言うもので、これまでのようにケーブルを接続して充電するものとは大きな変化がありました。ケーブルを接続して充電する方法では様々な状態によりケーブルが破損したり、また端子部分の接続不良などが問題となってしまったため、様々なトラブルを生み出していたのです。ワイヤレスにすることにより接合部分がなくなりこれらの部分の消耗や破損等がなくなったことから、常に安心して充電を行うことが出来るようになるほか本体の耐久性も格段に向上している点がポイントとなっています。現在ではスマートフォンの機能としてワイヤレス充電は非常に重要な機能となっており、他の機器でも積極的に採用されていることからこの先駆的な技術を作ったのがXであると評価されている面もあるのです。
その他にもこれまでにない立体的な写真を撮影することができるTrueDepthカメラや、より表現力を豊かにする有機ELディスプレイも魅力です。

関連記事

  1. ipad修理メニュー-クイック川口店

    電源入らないiPhoneを直すには?考えられる原因と解決方法…

  2. iphone7plusが故障

    iPhone7Plusが故障したかも?疑う前に確認すべきこと…

  3. iphoenX修理_iphone修理クイック川口店

    iPhoneの通信速度が遅い!考えられる原因と解決方法

  4. iPhone7plusの液晶割れ

    iPhone7plusの液晶割れを直したい!簡単に修理するた…

  5. iphoneの液晶問題ならiphone修理のクイック川口店

    液晶が映らない… iPhoneの画面が故障する原因と解決方法…

  6. iPhone8電源入らない

    iPhone8の電源が入らないときの応急対処法

  7. リカバリーモード対策ならiphone修理のクイック川口店

    iPhoneが勝手に動き出す?ゴーストタッチの解決方法とは

  8. iphone液晶反応しない-クイック川口店

    iPhoneの電池持ちをよくする方法は?

  9. 充電切れ対策バッテリー対策_クイック川口店

    iPhoneの電源切れない原因!ケース別の対処法情報

  10. iPhoneが再起動を繰り返す!原因と解決方法とは

  11. iphone水没ならiphone修理のクイック川口店

    水没したiPhoneを直したい!電源が入らなくなった時の対処…

  12. iPhone7plusの液晶割れ

    通話できない時はどうすればいい?iPhoneのトラブル解決方…

  13. iphone液晶反応しない-クイック川口店

    iPhoneの操作ができない!?画面が故障する原因と対処法

  14. iPhone7plusの液晶割れ

    iPhoneがフリーズしちゃう!原因と機種別解決方法とは

  15. 画面割れならならiphone修理のクイック川口店

    なぜiPhoneの画面って割れやすいの?守る方法は?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

LINE申込み-iphone修理・ipad修理クイック川口店

iPhone修理のクイック 埼玉川口店

外観|iphone修理・ipad修理クイック川口店

住所:

埼玉県川口市栄町3-13-1

 アクセス:

JR川口駅東口より徒歩2分 (ドン・キホーテ川口店の正面)

 営業時間:

年中無休 / 窓口営業 11:00~20:00

 電話番号:

048-241-1311