最近のIOS事情、IOS13バグが多い理由はなぜか!

バグが多いと言われるiOS13

iPhone向けの最新OSであるiOS13は、一般ユーザー向け正式版が公開される前に、iOS13.1のベータが開発者向けにリリースされました。これは極めて異例のことで、関係者を驚かせたそうです。
その後もマイナーアップデートが矢継ぎ早に公開されており、現時点での最新版はiOS13.2.3です。
現時点でも、一部のユーザーで通信が突然切れるなどの不具合が発生しています。macOS Catalinaは、正式版公開の1週間後に追加アップデートが公開されたものの、一部ユーザーがiCloudフォトの問題を報告しているそうです。

目次
・Appleの元技術者が語る
・Appleはどう対策するべきか?
・「iOS 12」の2倍で、過去7年間において不名誉な最多記録。

 

Appleの元技術者が語る

Appleで18年間、ソフトウェアエンジニアとして勤務したデビッド・シャイアー氏は、iOS13やmacOS Catalinaにバグが多い理由を以下のように分析しているそうです。

理由1:機能が多すぎる

今回のバージョンでは多くの新機能が追加されましたが、iCloud Driveのフォルダ共有などの機能は公開が延期されているほか、一部の機能は正常に動作しないまま公開されています。

理由2:クラッシュレポートが不正確

アプリの強制終了などのバグをAppleに報告するクラッシュレポート機能が、システム全体の終了につながるバグしか報告できていない、とシャイアー氏は述べています。そのため、iCloud写真共有などの不具合を、人力でテストしなくてはならないそうです。

理由3:バグ対応の優先順位

Appleは、バグの深刻さに応じて整理しているそうです。そのために正式公開が近づいた段階で、最も深刻なバグしか修正されていないという状況が起きている、とシャイアー氏は語っています。

理由4:古いバグが残っている

シャイアー氏は、新しいバージョンのソフトウェアに古いバグが残っており、修正されていない場合があると指摘しています。

理由5:自動テストが活用されていない

Appleは、バッテリー性能などの検証に自動テストシステムを使用しているそうです。しかし実際は人力でのテストに頼りすぎている、とシャイアー氏は述べています。

理由6:複雑化したAppleのエコシステム

Appleが多くの種類の製品とサービスを販売しているため、開発やテストの難易度が上がっている可能性があります。

・Appleはどう対策するべきか?

Appleは、ソフトウェアアップデートによってバグの修正を続けると見込まれます。しかし、ソフトウェアの不具合が多発するとApple製品への信頼が損なわれる可能性があります。

対策として、1年に1回最新バージョンを提供するサイクルを延長し、大幅なアップデートの年と、昨年のiOS12のように安定性向上に主眼を置いたアップデートの年を組み合わせたサイクルにするよう、シャイアー氏は提案しています。

9月の公開から2ヶ月間ほぼ毎週、合計8回のアップデートを提供しています。

「iOS 12」の2倍で、過去7年間において不名誉な最多記録。

Appleはこのような状況を改善するために、来年リリース予定の「iOS 14」では、新しいテスト手法を導入して品質の向上に取り組むようだ。

Bloombergによると、Appleのソフトウェアエンジニアリング担当上級副社長であるクレイグ ・フェデリギが開発者とのミーティングで“とある変更”を発表したという。

“とある変更”はソフトウェア「フラグ」の導入。具体的にはデイリービルドと呼ばれるテストバージョンにおいて未完成および不具合の多い機能を初期状態では除外し、テスト担当者が専用のメニューから選択的に機能を有効化できるというもの。

まともな企業やまともな開発チームであれば当たり前に禁止されていることだが、Appleでは必要なテストが完了していない機能を毎日のように追加したり、毎週のように機能に対して変更を加えることがあったという。品質が安定せず、ソフトウェア全体の品質を把握することができない状態だったが、フラグの導入によって未完成および不具合の多い機能がシステム全体に及ぼす影響を最小限に抑えられ、不具合の箇所や原因を特定しやすくなる。

また、ソフトウェアの品質を0〜100点で評価する「ホワイトグローブ」を導入しているという。バグの多いシステムは60台前半、安定したものは80で評価されるが、iOS 13の評価はiOS 12よりも低かったそうだ。加えて開発中の機能品質をレッド・イエロー・グリーンの3段階で評価したり、不具合の影響度を0〜5段階で評価してソフトウェアの品質をできるだけ正確に把握できるという。

これらの新しい取り組みは2020年にリリースされるコードネーム“Azul”−−「iOS 14」に導入済み。iPadOS、watchOS、macOS、tvOSなどAppleが開発するすべてのOSにも適用される。

さらに、「iOS 14」ではパフォーマンスの改善に注力して同バージョンで追加予定だった一部の機能を2021年リリースと見られるコードネーム“Azul+1”の「iOS 15」まで延期することも検討しているようだ。ただ、それでも「iOS 14」に追加される新機能の規模は「iOS 13」に匹敵するという。

不具合のないシステムなど存在しないが、それにしても「iOS 13」は酷すぎた。来年の今ごろは不具合の少ない安定した「iOS 14」を使っていたいと述べています。

関連記事

  1. iphoneの液晶問題ならiphone修理のクイック川口店

    液晶が映らない… iPhoneの画面が故障する原因と解決方法…

  2. 重大なお知らせがあります!!

  3. 充電切れ対策バッテリー対策_クイック川口店

    iPhoneの電源切れない原因!ケース別の対処法情報

  4. iphone液晶反応しない-クイック川口店

    iPhoneの電池持ちをよくする方法は?

  5. 充電切れ対策バッテリー対策_クイック川口店

    iPhoneが充電できない!?突然の充電トラブルに見舞われた…

  6. iPhoneのバッテリーの寿命は何年?劣化状態を確認する方法…

  7. iphone水没ならiphone修理のクイック川口店

    水没したiPhoneを直したい!電源が入らなくなった時の対処…

  8. iPhone7plusの液晶割れ

    iPhoneがフリーズしちゃう!原因と機種別解決方法とは

  9. iphone8水没改善施策

    iPhone8が水没してしまった… 耐水だから大丈夫なの?

  10. 画面割れならならiphone修理のクイック川口店

    なぜiPhoneの画面って割れやすいの?守る方法は?

  11. ipad修理メニュー-クイック川口店

    iPhoneのタッチパネル・画面が反応しない!?解決方法とは…

  12. iPhoneXは10周年記念モデル

    iPhoneXの魅力を徹底解説!発売から10周年でデザインが…

  13. iPhone7plusの液晶割れ

    iPhone7plusの液晶割れを直したい!簡単に修理するた…

  14. リカバリーモード対策ならiphone修理のクイック川口店

    iPhoneが勝手に動き出す?ゴーストタッチの解決方法とは

  15. iphone7plusが故障

    iPhone7Plusが故障したかも?疑う前に確認すべきこと…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

LINE申込み-iphone修理・ipad修理クイック川口店

iPhone修理のクイック 埼玉川口店

 

 

住所:

埼玉県川口市栄町3-9-11 リーヴァ第1ビル 1号館

 アクセス:

JR川口駅東口より徒歩3分 (ウエルシア薬局さんの真向いが当店です)

 営業時間:

年中無休 / 窓口営業 11:00~20:00(火、水、木)10:00~22:00(金、土、日、月、祝日)

 電話番号:048-241-1311